利用規約

利 用 規 約

和紋じゃぱん株式会社

第1節 総則

1条(当社決済委託代行)

  • 1.当社は、売主から弁済を受領する権限の付与を受けて、買主から商品代金を受け取り、売主に対し、当該商品代金を第6条第1項、第7条第1項、第8条第2項に定める方法により支払います。

  • 2.買主がポイントを利用した場合、当社は、買主に代わり、別途当社が指定するポイントプログラムに定める換算率にしたがって計算された利用ポイント数に応じた金額(以下「利用ポイント相当額」といいます)を受取口座に振り込む方法により支払います。利用ポイント相当額が商品代金に満たない場合、買主は、商品代金から利用ポイント相当額を減算した金額を本約款にもとづき、クレジットカード、インターネットバンキング、銀行振込、コンビニ支払い、により支払うものとします。

  • 3.買主がクーポンを利用した場合、当社は、買主に代わり、クーポン利用による割引額を、受取口座に振り込む方法により支払います。なお、買主は、商品代金からクーポン利用による割引額を減算した金額を本約款にもとづき、クレジットカード、インターネットバンキング、銀行振込、コンビニ支払い、ポイントによる支払い、により支払うものとします。

  • 4.当社は、売主に支払う以下の一部または全部から落札システム利用料等または販売手数料等に相当する金額を差し引く方法により、売主より落札システム利用料等または販売手数料等の支払いを受けるものとします。ただし、当社所定の特定カテゴリに属するものを取り扱う取引に当社決済委託代行を利用する場合、当社は、当該方法により落札システム利用料等または販売手数料等の支払いを受けないものとします。

    • 1)第2項にもとづき当社が受け取った商品代金

    • 2)利用ポイント相当額

    • 3)クーポン利用による割引額

2条(禁止事項)

  • 利用者は、当社決済委託代行の利用にあたって、以下の行為を行ってはなりません。

    • 1)法令に違反する行為

    • 2)第三者の権利を侵害する行為

    • 3)第三者に経済的・精神的損害を与える行為

    • 4)第三者のプライバシーを侵害する行為

    • 5)第三者を誹謗中傷する行為

    • 6)公序良俗に反する行為

    • 7)当社のサービスを妨げるような行為

    • 8)当社および当社決済委託代行の信頼を毀損するような行為

    • 9ギフリーおよびギフリー関連ECサイトガイドライン利用規約で禁止している行為

    • 10)当社決済委託代行契約上の地位または当社決済委託代行契約上の債権を第三者に譲渡するもしくは担保に供する行為

    • 11)商品在庫を所持していない出品(架空出品)

3条(利用の制限)

  • 当社決済委託代行は、以下の取引には、利用できません。

    • 1)ギフリーおよびギフリー関連ECサイトで出品および販売が禁止されているものを取り扱う取引

    • 2)商品券・プリペイドカード・印紙・切手・回数券その他金券類を取り扱う取引(ただし、クレジットカードによる決済の場合のみ)

    • 3)薬機法に定める医薬品(動物用薬を含む)、医療用具を取り扱う取引

    • 4)役務の提供を主たる目的とする取引

    • 5)クレジットカード会社、インターネットバンキング、銀行振込による決済において当社が指定する金融機関等(以下「金融機関等」といいます)ならびにコンビニ支払いにおいて当社が指定するコンビニエンスストア(以下「指定コンビニエンスストア」といいます)が不適切と判断した取引

    • 6)その他当社が当社決済委託代行またはギフリーおよびギフリー関連ECサイトにおいて不適切と認めた商品または当社決済委託代行およびギフリーおよびギフリー関連ECサイトの運営方針に外れると認めた商品を取り扱う取引

4条(登録情報の取扱い)

  • 1.当社決済委託代行の利用を申し込む際に登録された情報その他当社に登録された情報(以下「登録情報」といいます)の取扱いは、当社の定めるプライバシーポリシーを適用します。

  • 2.利用者は、当社が、当社決済委託代行を利用者に提供するために必要な範囲で、個人情報を含む登録情報を当社から金融機関等その他の当社決済委託代行を提供するために必要な第三者に開示することを、あらかじめ承諾するものとします。なお、本条にもとづいて利用者の登録情報を第三者に開示するに際しては、当社は当該第三者との間で個人情報保護のための秘密保持契約を締結するものとします。

5条(差引後商品代金等の留保)

  • 1.買主が代金支払い管理サービスを利用する場合、当社は、以下に定める日のいずれか遅い日以降、差引後商品代金等を売上金に加算し留保したうえで、第6条、第7条、第8条にもとづき、また、当社は、売上金に加算することなく、売主に対し支払います。

    • 1)代金支払い管理サービスを利用して買主が通知した商品の受取確認を当社が受けた日または当社決済委託代行契約成立日の翌日から起算して14日が経過した日のいずれか早い日

    • 2)受取口座の登録がなされた日

    • 3)買主の口座から商品代金の支払いを受けるための口座として別途当社が指定する口座(第19条第3項に定めるワンタイム口座を含み、以下「当社受取口座」といいます)に商品代金が振り込まれたことを、当社が確認した日(ただし、インターネットバンキング、および銀行振込の場合に限ります)

    • 4)買主が、別途当社が指定するコンビニエンスストアの店頭で商品代金を支払い、当該支払いを当社が確認した日(ただし、コンビニ支払いの場合に限ります)

  • 2.前項に該当する場合を除き、当社は、売主に対し、以下に定める日のいずれか遅い日以降、差引後商品代金等を売上金に加算し留保したうえで、第6条、第7条および第8条に基づき、また、当社は、売上金に加算することなく、売主に対し支払います。

    • 1)当社決済委託代行契約成立日

    • 2)受取口座の登録がなされた日

    • 3)買主の口座から当社受取口座に商品代金が振り込まれたことを、当社が確認した日(ただし、インターネットバンキング、および銀行振込の場合に限ります)

    • 4)買主が、別途当社が指定するコンビニエンスストアの店頭で商品代金を支払い、当該支払いを当社が確認した日(ただし、コンビニ支払いの場合に限ります)

6条(売上金から銀行口座への振込み)

  • 1.売主は、売上金に相当する金額を上限として、売上金を、売主が指定する銀行口座へ振込むことができます。ただし、売上金が第4項に定める振込手数料を超えない場合はのぞきます。

  • 2.前項にもとづき銀行口座へ振込まれた場合、第4項に定める振込手数料を差引く前の金額について、当社が当社決済委託代行契約にもとづいて売主に差引後商品代金等を支払う義務が消滅します。

  • 3.前項の場合において複数の当社決済委託代行契約につき差引後商品代金等の支払いを留保しているときは、契約成立日が最も古い日の当社決済委託代行契約にもとづく当社の売主に対する差引後商品代金等の支払義務のうち、次項に定める振込手数料を差引く前の金額について支払義務が消滅します。

  • 4.売主は、第2項の方法により支払いを受ける場合には、別途当社が指定する振込手数料を当社に支払うものとし、当該手数料について第1項の振込金額から差引く方法により これを支払うものとします。

7条(支払いを留保する差引後商品代金等の上限等)

  • 1.売上金の上限は、50万円とします。

  • 2.複数の当社決済委託代行契約が成立した場合であっても、売上金の合計額が金50万円を超えない限り、当社は、差引後商品代金等の支払いを留保するものとします。

  • 3.当社と売主たる利用者との間で当社決済委託代行契約が成立することにより売上金の合計が50万円を超える場合、当社は、当該当社決済委託代行契約にもとづく差引後商品代金等の支払いを留保せず、当該当社決済委託代行契約にしたがい、その時点で留保されていた売上金の全てを受取口座に支払うものとします。

  • 4.売主は、前項の方法により支払いを受ける場合には、別途当社が指定する振込手数料を当社に支払うものとし、当該手数料について前項の振込金額から差引く方法によりこれを支払うものとします。

  • 5.当社が第3項にもとづく支払いを行うよう努めたにもかかわらず、売主たる利用者が受取口座を登録しないため第3項の手続の完了時点から1年を経過する日までに第3項の支払いができなかった場合、当社は、当該支払いの支払義務を負わないものとします。

8条(支払いを留保する期間の経過)

  • 1.本約款にもとづき当社が差引後商品代金等の支払いを留保する期間は、当社決済委託代行契約の契約成立日から5カ月が経過した日が属する月の最終日までとします。なお、複数の当社決済委託代行契約が成立した場合、当社は、当社決済委託代行契約ごとに、契約成立日から5カ月が経過した日が属する月の最終日まで、支払いを留保するものとします。

  • 2.前項の支払いを留保する期間を経過した場合、当社は、当該支払いを留保していた差引後商品代金等を当社決済委託代行契約にしたがい受取口座に支払うものとします。

  • 3.売主は、前項の方法により支払いを受ける場合には、別途当社が指定する振込手数料を当社に支払うものとし、当該手数料について前項の振込金額から差引く方法によりこれを支払うものとします。

  • 4.当社が第2項にもとづく支払いを行うよう努めたにもかかわらず、売主が受取口座を登録しないため第1項の期間の経過時点から1年を経過する日までに第2項の支払いができなかった場合、当社は、当該支払いの支払義務を負わないものとします。

2節 売買契約との当社決済委託代行の関係

11条(売買契約についての同意事項)

  • 1.買主は、直接売主へ商品代金の支払いを行ってはならず、売主は、買主に対し直接商品代金を支払うよう請求してはならないものとします。

  • 2.売主は、以下の事項をあらかじめ承諾するものとします。

    • 1)当社に対し、買主から支払われる商品代金を売主に代わって受け取る権限を付与すること。

    • 2)当社が買主から商品代金の支払いを受けた場合、買主による商品代金の弁済がなされたとみなすこと。ただし、当社が、本約款にもとづき売主に対して商品代金を支払わず買主に返金した場合は、商品代金の弁済はなかったものとします。

    • (3)売主は「あんしん保証」サービスを利用した場合で、発送期限後3日以内にその買主に商品を発送しなかった場合は、売主の債務不履行となり、当社は買主に落札商品相当の金額を保証しなければなりません。但し、当社が売主に債務を代位弁済した場合は、ただちに求償権を有すること及び、本状にかかる内容を当事者は同意します。
    • (4)上記(3)の場合、当社が代位弁済した場合は、売主買主間の売買契約は解除され、直ちに清算手続きに移行することに同意します。

12条(売買契約と当社決済委託代行契約の関係)

  • 1.売主および買主は、当社決済委託代行の利用にあたっては、売主または買主として、売買契約の成立および履行にかかる事項について一切の責任を負うことを当社に対して保証するものとします。売買契約を原因として争いが生じた場合には、売主および買主の間でそれぞれの責任と負担において直接解決するものとし、当社に何ら異議、請求、負担を求めないものとします。

  • 2.当社決済委託代行契約は、売買契約とは別個に成立し、売買契約の成否、履行状況に何ら影響を受けないものとします。

3章 購入者

13条(クレジットカードの手続)

  • 1.購入者は、クレジットカードによる支払いを選択した場合、当社決済委託代行の利用申込みの際、当社の定める方法にしたがって商品代金(第18条第1項(当社決済委託代行手数料)の手数料を含みます。以下同じとします)を支払うためのクレジットカードに関する情報を入力するものとします。なお、クレジットカードは、別途当社が指定するクレジットカード会社が発行するものであって、購入者名義のクレジットカードに限るものとします。

  • 2.前項にもとづき購入者がクレジットカードに関する情報を入力し当社決済委託代行の利用申込みを完了した場合、購入者が当該クレジットカードにより商品代金を支払うことを承諾したものとみなします。

  • 3.1項に定めるクレジットカードに関する情報の入力は、購入者の責任においてこれを行うものとし、当社は、入力されたクレジットカードに関する情報の誤り等入力が適切に行われなかったことに起因して生じる一切の損害に対する責任を負いません。

  • 4.当社は、購入者に対し、売主が提供するクレジットカードによる決済にかかる情報について、当社所定の方法により通知します。

14条(返金用口座の登録等)

  • 1.購入者は、当社からの当社決済委託代行の利用を承諾する旨のE-mail通知が到達した時点で、本約款にもとづく商品代金の返金を当社から受けるための口座(以下「返金用口座」といいます)を当社に登録していない場合、当社の定める方法にしたがって、返金用口座の口座情報を登録するものとします。返金用口座は、別途当社が指定する金融機関の口座に限るものとします。

  • 2.前項に定める返金用口座の登録は、購入者の責任においてこれを行うものとし、当社は、返金用口座の登録の遅延、登録された返金用口座の誤りその他の登録が適切に行われなかったことに起因して生じた一切の損害に対する責任を負いません。

15条(変更の届け出)

  • 1.購入者は、当社に登録した返金用口座その他の当社に登録した情報に変更があった場合、速やかに変更の手続を行う等、正確な情報の登録を行うものとします。

  • 2.前項にもとづく情報の登録は、購入者の責任でこれを行うものとし、当社は、情報の登録の遅延、登録された情報の誤りその他の登録が適切に行われなかったことに起因して生じた一切の損害に対する責任を負いません。

16条(当社との契約関係)

  • 1.買主が当社に支払いをした商品代金は、本約款にもとづき当社決済委託代行契約が解除されない限り、当社から返金されないものとします。

  • 2.本約款にもとづき当社決済委託代行契約が解除された場合、当社は、買主より受領した限度において商品代金を当社所定の方法により返金するものとします。なお、返金のために振込手数料等が発生するときは、当該振込手数料等は買主負担とし、返金する金額より差し引かれるものとします。

  • 3.当社が前項にもとづき返金を行うよう努めたにもかかわらず、買主が返金用口座を登録しないため以下の日までに買主に返金ができなかった場合、当社は当該返金義務を負わないものとします。
    ・当社の商品代金の返金義務が発生した日から1年を経過する日

  • 4.本約款に定める場合を除き、売買契約の不成立および解除または売主との争い等を理由に、当社決済委託代行の利用申込みの撤回、当社決済委託代行契約の解除またはクレジットカード会社その他の金融機関等への支払いを拒否することはできません。売買契約に関する売主への代金返金請求を行う場合、買主が自己の責任で直接行うものとします。

17条(利用限度額)

  • 1.クレジットカード、インターネットバンキング、銀行振込、コンビニ支払い、の場合、買主が1回の取引につき当社決済委託代行を利用することができる商品代金の限度額は、当社所定の金額とします。

  • 2.ポイントを利用する場合、別途当社が指定するポイントプログラムにて定めるポイントの利用限度を超えて、ポイントを利用することはできません。

  • 3.1項に定める限度額の範囲内であっても、買主は、買主が利用する時点におけるクレジットカードの利用限度額、口座の支払可能残高かつ金融機関が定める取引限度額の利用限度額を超えて、当社決済委託代行を利用することはできません。

18条(当社決済委託代行手数料)

  • 1.当社決済委託代行の手数料(以下「手数料」といいます)は、当社所定の特定カテゴリに属するものを取り扱う取引に当社決済委託代行を利用する場合を除き、落札システム利用料等または販売手数料等に含まれます。

  • 2.前項の特定カテゴリに属するものを取り扱う取引に当社決済委託代行を利用する場合、買主は、当社に対し、以下のとおり手数料を支払うものとします。

    • 1)クレジットカードを選択した場合、買主が利用するクレジットカードにより商品代金とあわせて支払うものとします。

    • 2)インターネットバンキング、または銀行振込を選択した場合、買主は、商品代金とあわせて当社受取口座に振り込む方法により支払うものとします。

    • 3)コンビニ支払いを選択した場合、買主は、商品代金とあわせて指定コンビニエンスストアの店頭で支払うものとします。

    • 4)本約款にもとづき複数の決済を選択した場合、選択した決済における手数料の支払方法から当社が任意に定める方法により支払うものとします。

  • 3.当社は、商品代金、手数料について領収書等は発行いたしません。

2節 ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者

19条(ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の利用手続)

  • 1.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者が当社決済委託代行を利用するための手続は、以下のとおりです。

    • 1)売買契約が成立した時に代金支払方法として「当社決済委託代行」を選択し、必要な手続を完了させます。この時点で、ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者が当社決済委託代行の利用申込みをしたことになります。

    • 2)ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者が前項に定める方法にしたがって、当社決済委託代行の利用申込みを行った場合、当社は、以下に掲げる支払手段の区分に応じて定める審査または審査に加えての確認を行ったうえ、当社が当該支払方法による決済を相当と認めた場合には、当社は、出品者およびギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者に対し、当社決済委託代行の利用を承諾する旨をE-mailにて通知し、当該E-mailが出品者およびギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の双方に対し到達した時点で、当社と出品者およびギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者との間にそれぞれ当該商品代金の支払いについての当社決済委託代行契約が成立するものとします。

      • (ア)クレジットカードを選択した場合
        当社所定の審査およびクレジットカード会社による認証、審査

      • (イ)インターネットバンキングまたは支払いを選択した場合
        当社所定の審査および各金融機関所定の審査ならびにギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者が利用を希望する口座が利用可能かの確認

      • (ウ)銀行振込を選択した場合
        当社所定の審査および各金融機関所定の審査

      • (エ)コンビニ支払いを選択した場合
        当社所定の審査

      • (オ)商品代金の全額に相当するポイントを利用する旨を選択した場合
        ポイントの利用可能性にかかる当社所定の審査

  • 2.前項第2号の規定にかかわらず、システム上のトラブル等に起因して前項第2号に定める当社からのE-mailが出品者およびギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の双方または一方に到達しなかった場合であっても、当社、出品者およびギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の誰からも異議を留められることなく本約款に従った事後の手続または処理が行われたときには、その時点で当社決済委託代行契約は有効に成立したものとみなします。

  • 3.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者が銀行振込を選択した場合には、当社は、第1項第2号に定めるE-mailで通知を行うとともに当社が指定する口座(以下「ワンタイム口座」といいます)を通知するものとします。

  • 4.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者がコンビニ支払いを選択した場合には、当社は、第1項第2号に定めるE-mailで通知を行うとともに当社が発番する指定番号を通知するものとします。

20条(インターネットバンキング等の手続)

  • 1.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者は、インターネットバンキングまたは支払いを選択した場合、当社決済委託代行の利用申込みの際、当社および別途当社が指定する金融機関の定める方法にしたがって、商品代金を当社受取口座へ振り込む手続を行うものとします。

  • 2.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者は、銀行振込を選択した場合、当社決済委託代行契約成立後、当社および別途当社が指定する金融機関の定める方法にしたがって、商品代金を当社受取口座へ振り込む手続を行うものとします。

  • 3.前二項に定める手続は、ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の責任においてこれを行うものとし、当社は、手続の誤り等手続が適切に行われなかったことに起因して生じる一切の損害に対する責任を負いません。

21条(コンビニ支払いの手続)

  • 1.ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者は、コンビニ支払いを選択した場合、商品代金を指定コンビニエンスストアの店頭にて支払うものとします。

  • 2.前項に定める手続は、ギフリーおよびギフリー関連ECサイト落札者の責任においてこれを行うものとし、当社は、手続の誤り等手続が適切に行われなかったことに起因して生じる一切の損害に対する責任を負いません。

4章 一般条項

22条(解除)

  • 1.当社は、以下の場合、利用者に対する何らの通知、催告なしに、直ちに当社および利用者間のそれぞれの当社決済委託代行契約につき、何らの責任を負うことなく、その債務の履行を停止し、または解除することができるものとします。

    • 1)当社決済委託代行契約成立日から3日が経過しても売主が正しく受取口座を登録しない場合

    • 2)買主がインターネットバンキング、支払いまたは銀行振込を選択した場合において、別途当社が通知する日までに買主の口座から当社受取口座に商品代金が振り込まれない場合

    • 3)買主がコンビニ支払いを選択した場合において、別途当社が通知する日までに買主が指定コンビニエンスストアの店頭において商品代金を支払わない場合

    • 4)売買契約において債務不履行もしくは履行遅滞があったまたは売主もしくは買主の責めによるべき争いが発生したとして、以下の事情が認められる場合

      • (ア)当社が別途指定する期間内に、出品者が商品を発送したことを当社が確認できない

      • (イ)商品に事前に説明されていない瑕疵があった、または商品説明と実際の商品が異なると当社が判断した

      • (ウ)その他上記事情に相当すると当社が判断した

    • 5)当社所定の手続により、売主から取引の中止の申出を受けた場合

    • 6)売買契約が、ギフリーおよびギフリー関連ECサイトガイドラインの規定により解除された場合

    • 7)買主が利用するクレジットカード会社の破産、会社更生、民事再生、会社清算の申し立てその他の理由により信用状況が悪化し、当社が当該クレジットカードを取り扱えなくなった場合

    • 8)クレジットカード会社から当社に対し審査承認後の承認取消、支払拒絶または返金請求の通知がなされた場合

    • 9)買主が利用する指定コンビニエンスストアの破産、会社更生、民事再生、会社清算の申し立てその他の理由により信用状況が悪化したこと、その他当社が相当と認める事由にもとづいて、当社が当該指定コンビニエンスストアに対するコンビニ支払いを取り扱う者としての指定を取り消した場合

    • 10)当社決済委託代行利用規約に利用者が違反した場合またはこれらに定める契約解除事由に該当した場合

    • 11)売主が、未成年であり、保護者の同意を取得していない場合

    • 12)利用者について、差押、仮差押、仮処分、強制執行、競売の申し立て、公租公課滞納処分等を受け、または破産、民事再生、会社更生等の手続開始の申し立てがなされた場合

    • 13)本サービスを本約款に定める目的外で利用する等当社が利用者による本サービスの利用が不適切であると判断した場合

  • 2.売主または買主が以下の事由に該当(以下本条において該当した者を「該当者」といいます)する場合、利用者に対する何らの通知、催告なしに、直ちに当社および利用者間のそれぞれの当社決済委託代行契約ならびに当社および該当者間に存在する他の契約の全部もしくは一部につき、何らの責任を負うことなく、その債務の履行を停止し、または解除することができるものとします。

    • 1)過去に本約款にもとづき当社決済委託代行契約が解除されたことがあると判明した場合

    • 2)当社決済委託代行の利用手続において入力した情報もしくは当社に登録した情報に虚偽、誤入力もしくは入力もれがあったことが判明した場合または当社に登録された情報の改ざんを行った場合

    • 3ID、パスワード、クレジットカード番号または金融機関の暗証番号等の不正使用があることが判明した場合

    • 4)未成年であり、保護者の同意を得ていないことが判明した場合

    • 5)手数料その他当社に対する利用料などの支払債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合

    • 6)買主が無効なクレジットカードを利用した場合

    • 7)偽造されたクレジットカードを利用する等買主がクレジットカードを不正に利用した可能性が高いと当社が判断した場合

    • 8)本約款のいずれかに違反した場合

    • 9)差押、仮差押、仮処分、強制執行、競売の申し立て、公租公課滞納処分等を受け、または破産、民事再生、会社更生等の手続開始の申し立てがなされた場合

    • 10)信用不安またはそのおそれがあると認められる相当の理由がある場合

    • 11)当社が当社決済委託代行の利用が不適切であると判断した場合

    • 12)売主と買主が通謀してまたは売主と買主が同一人物で、当社または金融機関等から不正に金員を詐取する目的その他不正な目的で当社決済委託代行を利用した場合

  • 3.該当者は、当社に対するすべての債務(当社決済委託代行契約による債務に限定されないものとします)について、当然に期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務全額を現金にて支払わなければならないものとします。

  • 4.1項または第2項にもとづく解除は、当社による損害賠償の請求を妨げないものとします。

  • 5.1項または第2項にもとづく当社決済委託代行契約の解除は原則として将来に向かってのみ効力を生じ、適正な終了済みの取引には影響を与えません。

23条(反社会的勢力との取引拒絶)

  • 1.利用者は、自己および自己の親族が、現在、以下のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

    • 1)暴力団

    • 2)暴力団員および暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者

    • 3)暴力団準構成員

    • 4)暴力団関係企業

    • 5)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知的暴力集団等

    • 6)前各号の共生者

    • 7)その他前各号に準ずる者

  • 2.利用者は、自己および自己の親族が自らまたは第三者をして、以下のいずれの行為も行わないことを確約するものとします。

    • 1)暴力的な要求行為

    • 2)法的な責任を超えた不当な要求行為

    • 3)取引に関して脅迫的な言動をする、または暴力を用いる行為

    • 4)風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、またはその業務を妨害する行為

    • 5)その他前各号に準ずる行為

  • 3.利用者が前二項各号のいずれかに違反している疑いがあると判断した場合、当社は、何らの通知、催告なしに、直ちに当社と当社が違反している疑いがあると判断した者との間に存在する当社決済委託代行契約を含む一切の契約の全部または一部につきその債務の履行を停止することができるものとし、契約の全部もしくは一部につき締結を拒絶することができるものとします。

  • 4.利用者が第1項または第2項に違反した場合(以下本条において違反した者を「該当者」といいます)、当社は、何らの通知、催告なしに、直ちに当社および利用者間のそれぞれの当社決済委託代行契約および当社と該当者間に存在する他の契約の全部または一部につき、何らの責任を負うことなく、その債務の履行を停止し、または解除することができるものとします。

  • 5.該当者は、当社に対するすべての債務(当社決済委託代行契約による債務に限定されないものとします)について、当然に期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務全額を現金にて支払わなければならないものとします。

  • 6.4項にもとづく解除は、当社による損害賠償の請求を妨げないものとします。

24条(当社決済委託代行のサービス内容等の変更)

  • 当社は、当社決済委託代行におけるサービスの内容、諸条件および本約款(以下「サービス内容等」といいます)を変更することがあります。この場合、サービスガイドページ等サイト上に変更内容を掲載することによって、利用者に対して告知するものとし、個別の承諾を得ることなく、サービス内容等を変更することができるものとします。当社は、変更内容が利用者に与える影響等を考慮し、利用者に対して事前に告知する必要がある場合には、利用者に対してサービス内容等の変更について変更前に事前に告知するものとします。

25条(当社決済委託代行の一時的な中断)

  • 当社は、以下のいずれかの事項に該当する場合には、利用者に事前に連絡することなく、一時的に当社決済委託代行の提供を中断することがあります。

    • 1)当社または通信手段を提供している第三者のシステムの保守を緊急に行う場合

    • 2)火災、停電などにより当社決済委託代行の提供ができなくなった場合

    • 3)地震、噴火、洪水、津波などの天災により当社決済委託代行の提供ができなくなった場合

    • 4)戦争、テロ、変乱、暴動、騒乱、労働争議などにより当社決済委託代行の提供ができなくなった場合

    • 5)その他、運用上、技術上当社が当社決済委託代行の一時的な中断を必要と判断した場合

    • 流行性感冒等のパンデミックで当社業務が制限される場合

26条(当社決済委託代行の停止)

  • 当社は、当社のサービスガイドページ等サイト上にあらかじめ掲示する方法によって、利用者への個別の通知なく当社決済委託代行を一定期間停止することができます。

26条(内容変更・中断・停止の補償)

  • 当社は、サービス内容等の変更、第25条に定める当社決済委託代行の一時的な中断、および前条に定める当社決済委託代行の停止によって、利用者に対し損害が生じた場合でも、当社に故意および重過失がない限りいかなる責任も負わないものとします。

27条(設備等)

  • 利用者は、当社決済委託代行を利用するために必要な通信機器、その他すべての機器およびソフトウェアを、自己の負担において、準備するものとします。また、利用者は、自己の裁量と費用で通信手段を選択して当社のウェブサイトに接続するものとします。当社は、利用者が選択して使用する機器やソフトウェアおよび通信手段(以下「設備」といいます)および設備に起因する当社決済委託代行の利用に関する不具合等に対し、何ら責任を負わないものとします。

28条(損害賠償)

  • 1.利用者が当社決済委託代行の利用によって第三者(売買契約の相手方となる売主または買主も含みます)に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担において解決するものとし、当社に何ら損害を与えることのないものとします。

  • 2.利用者が本約款に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は利用者に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

29条(準拠法)

  • 本約款の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されます。

30条(合意管轄裁判所)

  • 当社と利用者との間に訴訟の必要が生じた場合は、東京簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

以上

制定日:2020514

改定日: